スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アジア情勢】 北朝鮮 米国のアジア介入材料を増やす


【2012/05/31記事】
北朝鮮、修正憲法で「核保有国」と明記
                米国意識し宣言か


CNN    


 各報道によりますと、
5月31日までに北朝鮮にて実施された憲法修正で、
自国を「核保有国」と宣言したそうですよ。


 意味合いは多用に取れますが
間接的にでも宣言してしまったのは、
今後の米国の介入に対して
いい材料を与えてしまったとしかいえない
愚策であったとしか言えませんね。
 しかも、近年において北朝鮮における
各技術力の平和利用を宣言していたことに対しても
説得力が皆無となっていまう事実を
北朝鮮上層部は考えなかったのでしょうかね。

 もしも、中東がある程度平定できたとして、
米国の次期介入目標はアジアとなる訳で、
韓国vs北朝鮮の構図は、嘗てのアフガンの様に
そのもっとも最たる火種候補として申し分ない状態となりました。
 介入が決まれば、中国は表立っての北への支援を控えるでしょうし、
韓国を出汁に米軍は大量破壊兵器撲滅や難民解放を掲げ
軍を挙げるでしょう。

 そんな高確率でなりえる近状のアジア情勢を想像した時に、
ふと頭を過ぎったのは、昔趣味で見たある予言の本にあった

「亜細亜に満州国が復活し、
       傀儡国家ができあがり戦火の火種になる」

 ような内容でした。
 …まさに現状の北朝鮮の存在はそんな感じがしますよ。

 なんにせよ米国の大統領選が決まると同時期に、
中東・北朝鮮における問題に対し、
米国のなんらかのアクションが起こるのでないでしょうかね。

スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。