スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【被災地】 西友 低価格中国米始めました 【農業支援はどこへ?】


【2012/03/10記事】
西友、中国産米を5キロ1299円で販売
                   国産高騰で


日経新聞    


 8日の記事ですが、西友が中国産米の販売を始めるそうですね。
値段は2012年3月10日現在では最安値に近いものだそうですが、
この行動に数々の矛盾や疑問を感じましたよ。

 まず、中国産の食べ物ですが確かに値段だけ見れば、
どの食材も国産より低価格であるでしょうね。
しかし、「七色の川」の事例にあるように
中国の近代化による土壌・水質汚染による公害は
まだ記憶に新しいと思いますよ。
 その知識を以ってして、高だか数百円の値段の差で
リスクの可能性が高い中国産食材を買いたいと思える
企業や資本家が相変わらず目先の金の事しか
考えてないのが痛感しましたね。

 この件に関して消費者が無知であるか、
食材への産地詳細明記がされていない、
産地をインターネットでのみ公表する行為の飲食店等
まさに消費者への詐欺ともいえる数多くの問題もありますし、
近況の低価格国産米が入らない理由も解かっているはずですよね。
 その理由の一つに震災被災地の農家関連があるのは事実ですし、
昨年震災後からあらゆる店舗で被災地支援として
数々のイベントを行い国産米や食材の販売に
力を入れていたのではないのでしょうか。

 ここにきての中国産米導入は
資本家や企業の被災地に対する裏切り行為
ともいえる自己利益一辺倒の方向転換だなと思いましたね。

 確かに多くの人はそこまで細かい味にこだわりなく、
知識や他の金銭的理由さえなければ価格優先するでしょうし
ある意味サバイバルと同じく
なにを食べても生きていく必要があるのは事実でしょうが、
それを資本家や企業に利用されるのもお断りしたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。