スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ユダヤ】 嘘と真実の深淵にあるもの 【アルメニア】


【2012/1/25記事】
イスラエル首相が対イラン強硬姿勢、
            「ホロコーストを忘れるな」


ロイター    



 【関連記事】
 トルコ 報復措置も辞さず
      仏のアルメニア人虐殺否定禁止法で


WSJ    


 国家・民族間の紛争問題に関する記事が多く伺えますね。
 イスラエル・ユダヤ人がホロコースト問題を主張して
イランに対抗とかはあまりにも愚かとしか言えないのですが、
未だに矛盾・捏造点が多い問題で
全て正当化できるとおもっているのでしょうか?

 この問題*1に関してはヨーロッパ諸国や一部の国々では
反論・研究さえ処罰されるという弾圧的法律を作るという
異常な現状ですが、その一方では別の虐殺問題にも
類似した法案が仏にて可決されたそうですよ。

 現状証拠すら不十分で、
かつ捏造・誇大にデータ改ざんを指摘されている問題ですが、
その根本にあるのは結局民族問題であり、
そこに正当性は見受ける事はできませんね。

 これらの問題については賛否両論が唱えられている訳ですが、
ではなぜその不確かな問題が
まるで世界の一般常識のように語られるか?
その背景にはユダヤ人、アルメリア人の
世界的ネットワーク*2
と力が伺えますよ。

 実際の話、国ではなく経済が
現在世界を動かしているといっても過言ではないですよね。
世界レベルにおいて金・資産こそが最大の力です。
 ではその力を総合的、広範囲において
持っているものこそ世界の管理組織ともいえるのですよ。
 そしてその力を有しているものがユダヤ民族、アルメリア民族などの
経済ネットワークであり、それによって経済的にはEU・アメリカ・西アジア等、
世界の大部分は支配されています。

 そういう背景もあって彼らの傲慢な意見や優遇が
国や国連などにも通用する現状だったわけですが、
長期に亘る経済不況や勢力争いを含め、
彼らの影響下にある国々や情報機関を見る限り
衰退の兆しがあるようですね。

 実際近日の東アジア圏の状況にも見えるように、
各諸国や民族それぞれの経済ネットワークが動いているようですよ。
 民族的なものも含め情勢を見ると
南米連合(ブラジル+メキシコ+他南米諸国)
          VS
ユダヤ(米・イスラエル・ヨーロッパ)
アルメニア(米・ヨーロッパ・ロシア)
          VS
中東・アラブ連合(イラン・アラブ・トルコ他)

【中立】 華僑*3和橋*4+東アジア諸国(中+日+台+韓+北?)
にある程度まとまっている様に見受けられますね。
 
 以上を踏まえた上で、ユダヤ・アルメニア勢力による
経済的かつ軍事的な侵略戦争行為であることが判断できるのです。
 そしていずれ彼らは日本を含む東アジア圏にも
同様な行為を行なうようになる可能性は大きく、
植民地となり奴隷となるか、
紛争となり争うのかの選択を迫られるでしょう。
 その時に国民が現状と過去の歴史を正しく把握し、
政治や権力に惑わされること無く行動できるように祈りますよ。

 
*1・・・ホロコースト否認(Wiki)参照
 
*2・・・アルメリア人(Wiki)参照

*3・・・華僑(Wiki)参照

*4・・・和僑会(Wiki)参照
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。