スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アジアの火種】 新体制下の北朝鮮とその国内現状は? 【カウントダウン】


【2012/1/08記事】
米への穀物支援要請
      配給で正恩体制の安定狙う


読売新聞    



 【関連記事】
 韓国ウォンと株式が下落
   北朝鮮核関連施設で事故とのうわさなどで


ロイター    


 6日のロイター記事に北朝鮮核関連施設で事故があったとされる噂で、
韓国経済に影響があったとの記事がありましたね。
 そして一方で、米国が検討中である北朝鮮貧民層への支援物資について、
内容を検討してくれとの注文の様な記事もありましたね。

 この2つの記事を照らし合わせてみると、
情報規制されている北朝鮮の現状が、
改めて見えてくると思いますよ。

 核関連施設の事故は定かではなく調査中のようですが、
中心部と反比例した北朝鮮一般国民の貧困については
近日増加している日本への難民から見ても、
前々から言われている現状と変わりないようですね。

 ただ、見切りをつけた人々の国外逃亡や、
国内情報洩れが頻繁な事、
国外に対して”見栄”を貼れない現状を見る限り、
やはり以前の統率力がかなり衰退し、
それによって抑えていたものが
制御できない状態となっている現状といえますよ。

 そう考えると、北朝鮮首脳部が現状打破の為に
なんらかの海外からの強奪的なアクションを起すか、
 他国と和解し主義的な改革を向かえるか、
その選択肢は限られている訳ですし、
残りタイムリミットも長いとは思えませんよね。

 今年はアジア圏における火種が爆発する可能性も
大いに有得るという現状を再認識しましたよ。
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。