スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東電】 東電問題に見る民営企業の身勝手さ 【国有化】


【2011/12/28記事】
経産相が東電社長に国有化を示唆
      「公的管理含め検討を」と指示


ロイター    


 27日、経済相が東電に国有化を示唆したとの記事ですよ。

 原発の問題が浮上してからというもの、
民営化の企業の身勝手さ、責任感のなさ、
酷い企業では汚職・犯罪が目立ちますね。

 政府は巨大な借金と政治予算を抱え、
「お金がない」「仕事が進めれない」「復興費用」といって増税。

 現状の社会の元凶を創り上げた金融と大企業は
問題があれば国に泣き付き、国は経済・雇用安定で云々…、
「潰れるとこまるから。はい、お金。」と税金から投入。

で、また「お金がない。増税するよ。」
以下エンドレス…

 現在までに国から税金を資金投入し救った企業に
同額以上の資金返済をした企業はどれだけあるでしょうね?
 近状では国有化、経営陣の責任の追及すら
しないという傍若無人ぶりですよ。
 そして結局、どう転んでも皺寄せは
下位の社員・労働者・一般市民に背負うという現状は
まさに外道( ゚д゚)、ペッ  としか言えませんね。

 これは米国や資本主義諸国で問題になっている事でもありますよ。
大企業・資本家・金融などの行き過ぎた保護が元凶ともいえますね。

 今回の原発の件や赤字経営のライフラインを掌る民営企業は、
経営陣を含む上位管理職の辞職・国有化、
後、技術職を中間に据えて、技術なしでも可能な労働を
一般雇用として募集するという形を採ればコストダウンや
一般雇用増加等、多くの問題の解決になると思うのですがね。

 なんにせよ、ブラジルの経済成長に見るように、
今回の原発を含むライフライン企業、金融、大企業等、
国内においての資本主義と経済システム全体を見直す必要が
出てきているという現実に目を向けるべきですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。