スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【民主党分裂】野田内閣 崩壊の兆し


【2011/11/20記事】
小沢元代表、「消費増税反対」鮮明に


TBS 


 【関連記事】
  国民新・亀井代表
    消費増税をけん制 「国滅ぼすようなこと」


日経新聞    


 TPP参加の問題でTPP反対派党内分裂を騒がれた野田民主党ですが、
今回、消費増税の分野でも波紋が広がりつつあるようですね。
 静観を続けてきた小沢氏が動き始めたことにより、
党内外で野田内閣への反対支持が拡散しているようですよ。
 個人的な考えをいえば、
野田総理とその派閥の独断決行しすぎた結果が
現れていると見えますね。
 今後の流れを推測するに、次期選挙を考慮に入れたとして、
消費税+TPPの反対派と野田派閥で党内が割れ、
新党設立+新政権樹立の流れが強まっていると思いますよ。

 実質、民意・世論を考慮した場合、
民主党が限界に達しているのは明らかですし、
では自民が復権できるかといえば、
過去の悪行からその可能性は低いのも解ります。
 今の政治家と政府自体が、爆発寸前とも言える国民と、その不満、
不況を誤魔化し、経済至高主義たる社会を継続する為にも、
国民への「ガス抜き」とも言える政権交代という茶番をするでしょうね。

 では、これまで社会的腐敗が許容量を超えた時、
歴史上において国民はどうしていたでしょうね。
 結果として、主導者が先導して政府に対し
「革命」「独立」「改革」という浄化行為を行いましたね。

 残念ながら過去の日本政治を見る限り、
政権が変わっても、一部分の切捨てしか行われず、
欲と腐敗をもつ存在が残り、再びその周囲に毒を拡げますよ。

 ハッキリ言いますと、
現存の政治家や政治・社会システムでは
政治家や資本家に先導者の資格は殆ど皆無でしょう。
 つまり、政府・経済・司法・官憲・政治システム・・・
全ての腐敗と利権主義を消さない限り、
どんな主義・思想であっても
その腐敗サイクルは変わらないのですよ。

 この先、日本の国民の未来に必要なのは、
政府・政府機関・経済・システム等全ての完全な入れ替え、
腐敗部分の処分による浄化が求められると思いますね。

 単純に言えば、

「いいかげんにしろ! 日本政府!政治家!!」
                        ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
 って感じですよ。
 

 


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。