スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反格差デモに国家権力介入! デモ中心地過半数が検挙される


【2011/11/16記事】
NYの反格差社会デモ
     今週17日にウォール街封鎖を計画


ロイター    



 【関連記事】
  NY市警、「ウォール街を占拠せよ」
       参加者を強制排除-逮捕者多数


ブルームバーグ 


 反格差デモの中心地ともいえるズコッティ公園のデモ団体が、
15日未明に公園からの撤去を命じられ、
約220余名のデモ参加者が警察と衝突。
 公園内外合わせて192名以上が検挙されたとの事ですよ。

 2ヶ月あまりの長期デモとして活動していた
「ウォール街デモ」ですが、
今月17日にウォール街を封鎖して
大規模デモを行う計画をしていたようですよ。

 それを好しとしなかったのか、
近況のデモ内の治安悪化等を理由に、
市長は市警に撤去命令をくだしたと推測されますね。

 あえて言えば、
残念ながら反格差デモが権力によって
収束に向かっている現状を
表しているとも言えますし、
 明確な「アメリカの民主主義の死」を意味する事件であると言えますね。

 個人的に今回の反格差デモを応援している私としては、
運動参加者の人々が、資本主義による「民主主義の死」を確信し、
次のステップに行動を移す必要があるのではと思いますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。