スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ問題再燃焼 痺れを切らしたEU首脳陣


【2011/11/03記事】
ギリシャ次回融資、国民投票終了まで実行されず
                         仏独首脳


ロイター    


ギリシャ国民投票、ユーロ圏離脱か否かを問うべき
                    ユーログループ議長


ロイター    


 先日、EUからの50%のヘアカットによる救済処置を
良しとしないギリシャが、
国民の総意(国民投票)をもって受け入れるかどうか
進退を決めると発表した件で、
EU首脳陣は痺れを切らしてしまったようですね。

 
 方向的には、ギリシャの国民の総意がデモになる状態で明らかなとおり、
国民投票が偽造されない限り、受け入れない可能性が高いでしょうね。
 それを見越した上で、EU首脳陣は妥協案を提示ではなく、
強行してきたのではないでしょうかね。
 EUを抜けるかどうか自分の国で判断させる事により、
EU各国の責任を回避し、EUの分解やイタリア、スペイン等の
次の爆弾への飛火防止したいわけですよ。

 つまり単純にいえば、EUはギリシャを見限ったという宣言でもあるでしょうね。

 おそらくは、年内にギリシャの問題は結論を迎えることになるとおもいますが、
結果的に今年の年末~来年にかけて、
世界各地で多様な経済的世紀末が想定されますね。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。