スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ格差の実態 数値に出すと・・・


【2011/11/02記事】
「どうして反格差デモや暴動が起きているのか?」
        アメリカ人がショックを受けていたグラフ


らばQ     


 らばQ11月1日の記事に気になる内容を見つけましたよ。
 その記事には「アメリカの経済格差がどうなっているのか示すグラフ」が
掲載されていたのですが、
改めて数値化されたその状態を知って唖然としましたね。
 一番判りやすいのは、やはりTOP企業のCEO100人の給料のグラフですかね。
2006年において「CEO一人に1700人分の労働者の価値」だそうですよ。
例で言えば、平社員が月給20万であれば、単純計算で月給34000万ですね。

ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

 すごい差ですね。
 この表によって、CEOになった経緯はどうあれ
この報酬差は異常としかいえない事実が見えてきますよ。
 なおかつ、アメリカの99%が貧困状態である現状でも
残り1%がこの状態であるならデモどころか
暴動になってもおかしくないでしょうね。

 日本においても、この格差というものは存在しているわけですが、
どれぐらいの収入や生活レベル、仕事内容から労働時間まで
どれぐらいの格差があるのか、
一般的日本国民と経営者や団体、公務員、政治家est
を比較した数値を公表していただけませんかね。

 日本政府さん。    щ(゚Д゚щ)カモォォォン
 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。