スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火消しの米と炎上する欧

【火消しに躍起な米、けどその裏では・・・】

学生ローン負担軽減策を発表へ=米大統領   (WSJ)
http://jp.wsj.com/US/node_331602

米国の階層別所得、過去30年の伸びは最富裕層1%が断トツ   (WSJ)
http://jp.wsj.com/Economy/node_331656

米FRB、メットライフの増配を認めず   (WSJ)
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Stock-Markets/node_331612

 今回、ロックフェラーは格差デモの火消し工作に入ってきたようですね。
 しかし、その反面現在の格差による所得成長が浮き彫りになっていたり、
業務経歴や過去の事例からロスチャイルドよりと推測されるメットライフとの衝突など
経済戦争の真っ最中であるのは相変わらずのようですね。

【一方、EUでは・・・】

英FSA、クレディ・スイスに罰金―仕組み商品の販売で   (WSJ)
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Finance/node_331488

UBS、7-9月期は39%減益   (WSJ)
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Finance/node_331215

 一方、EU方面を見るとロスチャイルド本家勢力が弱体化、摘発が続いているようですね。
 反面、ロスチャイルド本家は、ロックフェラーに対抗する武器として、
ギリシャのデフォルトと言う名の「経済爆弾」、それによる「連鎖爆発」を狙っているようですがね。
 この爆発が何時起るのかがパワーバランスが動くタイミングになるでしょうね。
 おそらくは、反ロス・ロック勢力によるものと考えていますが、
 その展開次第では、ロスチャイルド本家の勢力は更に衰退するでしょうね。
 そうなった場合、現ロスチャイルド本家はロックフェラーとの争いに敗れるよりか、
当主交代を材料にジェイコブと本家の和解もありえるのではと思いますね。
 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。