スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロックフェラーVSロスチャイルド】続く経済戦争

【J・ロックフェラーvsダヴィッド・ロスチャイルドvsジェイコブ・ロスチャイルドの経済戦争】

1:クレディ・スイス、 米不動産証券化部門の閉鎖を計画 (WSJ)
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Finance/node_324128

2:UBS格下げ、他の欧米銀行も格下げ方向で見直し=フィッチ (ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23624620111014

3:S&Pがスペインを「AA‐」に格下げ、厳しい財政状況など理由に (ロイター)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-23620920111013

4:英銀ロイズとRBSを格下げ=フィッチ (ロイター)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-23616220111013

 最近の事件・政治・経済情勢からの状況推測ですよ。
 現在の金融システムと過去の動きから判断できるように世界の主要各付け会社は

フィッチ           : ロスチャイルド系(ダヴィッド・ロスチャイルド系)
スタンダード&プアーズ : GS(J・ロックフェラー系)
ムーディーズ        : シティグループ(D・ロックフェラー系)

と思われます。
 それを踏まえて上記の記事を考えると、
J・ロックフェラー、ダヴィッド・ロスチャイルド、ジェイコブ・ロスチャイルドの3勢力の
経済争いがあいかわらず表面化しているのが伺えますが、
 このところのニュースと経済の動きを見るにD・ロックフェラー勢力は
ほぼ衰退し、ロックフェラー全体が「j」に当主交代した、
または、ロックフェラー内の内部抗争が治まったと思っていいでしょうね。
 で、ロックフェラーを掌握したJ・ロックフェラー勢力は
次の敵をロスチャイルドと絞ってきたようです。

【ジェイコブに呼応? 反ロックフェラー・反ロスチャイルド勢力】

欧州委員長の銀行資本強化策に反対=ドイツ銀CEO (WSJ)
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Finance/node_324063

 一方、政治・経済の不正追求とゲリラ戦ともいえる市民団体の格差抗議運動、
協力国政府による国内中央銀行への圧力工作等をもって
J・ロックフェラー、ダヴィッド・ロスチャイルドの両勢力に立ち向かっている
ジェイコブ・ロスチャイルド勢力と反ロックフェラー・反ロスチャイルド勢力ですが、
 J・ロックフェラー、ダヴィッド・ロスチャイルドの勢力が政府・大企業寄りなのに対し、
一般市民や中小企業寄りの状況になっているようですね。
 完全に市民の味方といえるかはまだ判りませんが、現状の金融システムを廃止し、
新たなシステムを立ち上げるといった57ヵ国金融会議の内容に
その心理が隠れているのではと思われますよ。
 ある程度の勢力として確保できたならば、「新たな金融システム」や「隠されている真実」を
世界中に発表・暴露して戴けたら世界は変革するでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。