スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつかしの洋楽PV その31


    スティング  「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク
                   (Englishman in New York)」 (1988年)

 今回は、その曲もさることながら
歌詞やテーマ性がとても気に入っているのでオススメなのですよ。
 この曲は、スティングの友人(クエンティン・クリスプ)を
歌っているそうですが、現代に生きる人にぜひ聞いて考えて欲しい内容ですよ。
 曲全体が、周囲に流されず自分が自分であることを歌っていますよ。
 その中でも
「Be yourself no matter what they say
     (誰に何を言われようとも、自分を見失うことはない)」

 は、とても考え深いものではないでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
広告
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CustomRssReader
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。